ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1996
“6つのクリスマス”

第1話

第1話(1996年12月22日 ON AIR)

「Good bye,Santa Claus」
作/冬乃 モミジ

出演/ 語る人  平野舞
  おじさん  腹筋善之介
 
語る人 そこが何処だったのか、もう思い出せない。
静かな広い場所を、私は歩いていました。
足元に、丸い穴が開(あ)いていました。入ってみました。思ったよりも深くて、窮屈で、私は怖くなりました。いつの間にか外へ出ていた事も気付かずに泣いていると、白い服を着たおじさんがやって来て言いました。
おじさん 「おめでとう、おじょうさん」
語る人 私はちょっとほっとして「有難う」といいました。
   
 
語る人 見上げると何処までも高い高い空です。
鳥が飛んでいます。上へ上へ、高く高く。
私は地面を蹴ってみました。一瞬体が浮いて、すぐにドスンと転びます。何度も繰り返しているとなんだか楽しくなってきました。そしてある時、一瞬よりも、少し長い時間、浮いたような気がしました。
モスグリーンの服を着たおじさんがやって来て、言いました。
おじさん 「おめでとう、おじょうさん」
語る人 あのおじさんでした。私はとても嬉しくなりました。
   
 
語る人 丘をのぼって、坂をくだって、私は歩いています。曲がり角を曲がって、三叉路は、ぐるっと見回して行く道を選び、私は歩いています。
タンポポとスズランの咲く一本道で、私は走り出しました。風が吹いていました。風に負けないくらい速く走りました。
芝生の丘をかけ上がるとそこは、とても見晴らしのいい場所で、後ろからやっと風が追いついて、私の耳元を通り抜けて遠くへ消えていきます。大きな声で「ヤッホー」と言うと、むこうから、おじさんの声がしました。
「おめでとう、おじょうさん」
語る人 わたしはとても誇らしくなりました。
おじさんが、赤い服を着て、手を振っているのが見えました。
   
 
語る人 わたしは小さな正方形の上に両足をそろえて立っています。
周りは、一面深い霧で、私は一歩も動けないのです。
霧の下は、深い深い谷で、一歩踏み出せば真っ逆さまに落ちていくに違いない。
あるいは、ほんの30センチ下は柔らかな草の生えた地面で、この身を横たえて眠れるのかもしれない。
けれど、私はどうすることもできないで立っています。
どうしてこんなことになったのかも、よく解っています。
頭の中で、その最初の一足(ひとあし)を思い出すと、胸の真ん中あたりを何かが突き刺すようです。とても寒くて、心細くて、足も背中も石のように冷たく固くなりました。

どれくらいたったのでしょう。
ついに私は、音もなく霧の中へ落ちていきました。
・・・いいえ、気がつくと、やはりそこは地面で、私の下には柔らかな草が生えていました。
青い服を着たおじさんが静かに微笑んで言いました。
「おめでとう、おじょうさん」
語る人 私は、大きな声で泣きました。ココロと体の疲れを全部涙に変えて、大きな声で泣きました。
   
 
語る人 今は、ぼんやりと座り込んで、少しずつ霧の晴れていく、緑の草原(くさはら)を見ています。

あれ、この人は誰でしょう?
目の前に、若い男の人がいます。なんという目で私を見ているのでしょう。その人が今ここにいることが、私を安心させました。その人は笑って言いました。
その人 「僕と一緒に暮らしましょう」
   
 
その人 「おはよう」
語る人 と、その人が言うので、私は朝が好きになりました。
その人 「ごちそうさま」
語る人 と、その人が言うので、私は料理が好きになりました。
その人 「ただいま」
語る人 と、その人が言うので、私は夜さえ待ち遠しくなりました。
ある日の午後、あのおじさんが、別れを告げにやってきました。
とても地味な色の、品のいいタキシード。
おじさん 「あなたには、もう私が見えなくなるのでね。」
語る人 どうして?と尋ねる私に、答える代わりにこう言いました。
おじさん 「今度からは、あなた達の赤ちゃんに会いにきますよ。沢山の<おめでとう>を言うために。」  語る人おじさんは、私のおなかのあたりを見て、ウインクをしました。
おじさん 「メリークリスマス、おじょうさん」
語る人 私は、とても優しい気持ちになりました。
  ・・・メリークリスマス、サンタクロース


閉じる