ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1996
“6つのクリスマス”

第4話

第4話(1996年12月22日 ON AIR)

「エッフェル塔の晩餐」
作/洞口 ゆずる

出演/ トシオ いがらしだいすけ(維新派)
  ガズミ 平野 舞
  初老の男 腹筋善之介
 
カズミ アタシタチは12月のパリの街角をあてもなく歩いていた。どうしてこんなことになったのかな・・・素敵なイブのディナーを、と昼間の市内観光で目星をつけていたパリ6区のブラッスリー。赤い屋根を目印に扉を開けようとすると、なにか様子が違う。
客は一人も見当たらず、テーブルの料理や酒を囲んでいるのは、コックやギャルソンたち。その一人がアタシタチを無言で追い払った。その次の店も、その次の店も似たようなものだった。
  音楽が自動車の行き交う街角の雰囲気に変わる。
12月24日のパリ6区のはずれ。
『マロン・ショー マロン・ショー(MARON CHAU!!)』と
歩道で焼き栗を売る声が聞こえる。
カズミ トシオ、焼き栗買お。
トシオ 栗?
カズミ ほら、あの人が売ってるやつ。
トシオ え?あれ、栗売ってるんか。あんちゃんが焚き火してるんちゃうか。
カズミ ちゃうよ。トシオ、おサイフ。
トシオ あ、うん。
   
カズミ 『ショワイヨ・ノエル』やって、トシオ
トシオ なんや、それ?
カズミ クリスマスを楽しんでねって。
トシオ クゥー!楽しむもクソもないやろ、レストラン開いてへんから、メシも喰われへんやんけ。
カズミ ほんまに知らんかったよね、クリスマス・イブは閉まってしまうなんて。あ、これ美味しい。
トシオ オレも一個くれよ。
  ぶっきらぼうなふりをしていたけど、オレは、カズミが機嫌を悪くしてるんじゃないか、気が気ではなかった。そもそもクリスマスをパリで過ごそうと誘ったのはオレのほうだった。最近はカズミとのデートも盛り上がりに欠けていたからだ。このままだと別れてしまうんじゃないか。それも仕方ないかもしれない。けれど、ここは一発、もう一度やり直してみようか。そう決心して、車を買い換える予定の貯金を切り崩したのだった。
カズミ 美味しいと思えへん。
トシオ うん、けっこういけるな、これ
カズミ はい、あと三つやから、ゆっくり食べて
トシオ ケチなこと言うなよ。
トシオ 熱ーッー なんやこれ、舌火傷してもうた。
カズミ (笑って)慌てモン! 
トシオ どうする、これから。なんぼなんでも焼き栗だけってわけにはいけへんやろ。
カズミ (考えて)エッフェル塔行こか。そうや、エッフェル塔登りたいな。
トシオ えッ、まだ歩くんか。
カズミ うん、今日は一晩中でも歩くよ。
トシオ おい、冗談やろ。
カズミ ほら、見て。あそこにパン屋さんがある。あそこで、いろいろ買って、エッフェル塔の上で食べよう。
トシオ え~、クリスマス・イブにパンか・・・フライドチキンぐらいあったらええねんけどな・・・おい、走らんでもええやんけ、カズミ、待ってくれ!
  エッフェル塔の展望台上。
初老の男 ハハハハッ、なるほど、そうだったのかい。
トシオ 笑うでしょ。
初老の男 いや、そんなことはないよ。
トシオ そんでも、ガツガツ二人で食べてんの見たら、なんやアイツラって感じやったでしょ。
初老の男 いや、ずいぶん威勢のいい食べっぷりなんで、つい見とれてしまってね。失敬した。
トシオ カズミが競争や言うて、ここまで階段登ってきたから、食いモン、目の前にして野獣になりましたよ・・・そやけど、エッフェル塔って、ごっつしぶいですよね。
初老の男 来てよかっただろ。
トシオ エッフェル塔はいいんですけど、その前が最低ですわ。
初老の男 そうかな。
トシオ 昼間はよかったんですよ。カルチエ・ラタンとか言うごちゃごちゃした裏通りあたりはおもしろかったし、そっからもうちょっと離れた方にいったら、けっこう、お洒落なカフェとかブティックとあって、やっぱりパリやでーて満足してたんです。
初老の男 ああ6区の方だね。あの辺りも変わった。
トシオ やっぱりくわしいんですか、パリ。
初老の男 そうだね・・・おや、彼女が戻ってきた。
  カズミが戻って来る。
カズミ けっこう混んでた。
トシオ ほんま。
カズミ ・・・こちらは?
トシオ オレラががつがつパン食べてるもんやから、見てはってんて。
カズミ いやァ恥ずかしいです。
初老の男 いやいや。若さと食欲ってのは素晴らしいものだよ。
カズミ ・・・
トシオ な、ちょっと変わったヒトやろ。
カズミ そんな、失礼でしょ。すみません、トシオって口が悪いんです。
トシオ このヒトな、けっこうパリは詳しいらしいで。
カズミ へぇー、そうなんだ。
トシオ オレ、ちょっと。
カズミ トイレ?
トシオ うん。
  トシオ、トイレに行く。
初老の男 素敵なイブを過ごされた話を聞かせてもらっとったんですよ。
カズミ トシオ、もうそんな話したんですか。まぬけなお上りさんでしょ、アタシラ。
初老の男 いや、そんなことはない。ワタシが若い頃は、日本の街がね、実際貧しかったんだが、その貧しい雰囲気が嫌でね、フランスかぶれだったワタシは、ぜひパリに住みたいと思ったもんだ。だが、金がない。それでも、無理して来た。惨めな思いは数えきれないほどだった。もちろん、それでも楽しかった。毎日見るもの聞くものが新鮮で、若さと暇に任せてパリの街をうろついたよ。
カズミ でも、ワタシラはこれから毎年パリに来るってわけじゃないですから。
初老の男 そうかい、そりゃあ、残念だね。でもそれでもいいじゃないか、今夜のことは。普通の観光客には出来ない体験かも知れんしね。
カズミ そうですね・・・・
初老の男 どうしたんだね、エッフェル塔を駆け上がったわりには、元気がないな。
カズミ ・・・パリの夜景って淋しいですね。六甲山から見た神戸の夜景のほうがずっと華やかやわ。
初老の男 ・・・
カズミ アタシタチ、どう見えました。
初老の男 仲がよさそうだったな。
カズミ ほんとはアタシとトシオって合わないんです。
初老の男 ほう、それはまたどうして?
カズミ ほんというと、パリに来たのも無理してるんです。アタシが喜ぶと思って。
初老の男 いい奴じゃないか。
カズミ そうなんです、根は優しいいい人なんです。でも、センスが違うって言うのはやっぱり疲れるんです。だからデートしてても、つい無口になったりして。
初老の男 じゃあ、なんで付き合ってるのかね。
カズミ なんとなく、ずるずるとです。ほんと言うと、今度の旅行に来たのも、この先どうするか決めようと思ったんです。
初老の男 で、どうすることにした?
カズミ 迷ってるんです。
初老の男 でも、今夜は楽しかった。
カズミ なんで分かるんですか?
初老の男 エッフェル塔を駆け上がる若者に、楽しくない奴はいないだろう。
カズミ まともな食事が出来なかったのは残念でしたけど、かえってアタシ、なんか自由になれたような気がするんです。
初老の男 ・・・明日の予定はどうかな。
カズミ まだ、決めてないんですけど・・・
初老の男 どうかな一緒にお昼でも。素敵な話を聞かせてもらったお礼に、なにか御馳走しよう。
カズミ え、いいんですか。
初老の男 もちろん。そうだな、お昼にサン・ジェルマン・デ・プレの前で。分かるかな。
カズミ そこだったら、アタシタチにも分かります。
初老の男 じゃあ、楽しみにしてよう。
カズミ あ、もう帰りはるんですか?
初老の男 うん、そろそろね。
カズミ ありがとうございます。さようなら。
初老の男 さようなら。
  初老の男、去る。
間もなくして、トシオが戻ってくる。
トシオ あれ、あの人は?
カズミ 今さっき帰りはった。
トシオ ウソォ、オレ、気きかして、コーヒー買うてきたのに。カズミ、二つ呑むか?
カズミ うん。あ、あのね、あの人が明日、お昼御馳走してくれるって。
トシオ ウソォ~、ほんまか、それ。あのおっさん、面ろかったけど、なんや怪しかったで。ひょっとしたら、喋っとることみんな大ぼらちゃうかて、オレ、思たもん。
カズミ そうかも知れへんけど、別に嘘でもええやん。トシオかって、わざわざコーヒー買ってきてんから、まんざら嫌でもなかってんやろ。
トシオ まあ、そらそうやけど・・・ブツブツ・・・
カズミ ・・・ひょっとしたら、あの人、サンタさんかも知れへん。
トシオ なんや、それ。カズミ、なんか貰うたんか?
カズミ うん、
トシオ えッ!なに貰うてん?
カズミ ないしょ。
トシオ ・・・ないしょて、なんで教えてくれへんねん。
カズミ ヒミツ。
トシオ うわァ~、なんやコイツ。
カズミ さあ、アタシラも帰ろ。
トシオ えッ!まだコーヒー呑んでへんやろ。
カズミ 下まで、競争。ヨーイ、ドン!
トシオ おい!待ってくれよ、アツアツアツ・・・・ウワァ~、ズボン、ビショビショやんけ、おい、カズミ!


(おしまい)
閉じる