ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO クリスマススペシャル2012
“天使のアルペジオ”
第1話(2012年12月24日 ON AIR)
「俺と彼女と天使たちが笑うアルペジオ」

作・ナカタアカネ(トランスパンダ)

キャスト サカイヒロト(WI’RE)
  天使 新城アコ(A級Missing Link)
  パンダ子 片山誠子(PEOPLE PURPLE)
  ウサ子 ヤマサキエリカ
  彼女 平野 舞(維新派)
  
 

時計の針がカチカチッと規則正しく響く音。

  

ツリーも用意したし・・・・「可愛い」って言ってた、
パンダとウサギのぬいぐるみなんかも用意しちゃったし・・・・・
ぷ、プレゼントもばっちりだし・・・・・・絶対、喜んでくれるはずだし!
ああ・・・・これがリアル充実ってやつなんだよなあ・・・・・。
まだかなあ・・・・・早く来ないかなあ・・・・・。

  
 

ドンドンとガラス窓を叩く音。

  

あっ・・・・・・!

  
 

ガラリと窓を開ける音。

  
彼女

ごめんね・・・・・待った?

ぜ、全然・・・・・・寒いだろ、早く中、入んなよ。

彼女

うん。

寒っ・・・・・・なんか、すっごく寒い。

  
 

風が窓から流れこむ音。

  

寒っ・・・・・!?

  
 

時計の針がカチカチッと規則正しく響く音。
俺、空いているガラス窓をピシャリと閉める。

  

(溜息を付いて)・・・・夢かあ。

  
 

電話をかけるとコール音の後に繋がった。

  

あっ、もしもし・・・・・。

  
 

話しだした途端に留守番電話のガイド音声。

  

あ・・・・・・えーと・・・・・・えーと・・・・・・。

  
 

俺、言葉が続かず電話を切る。

  

なんで・・・・・・出ないんだよぉ・・・・・神様・・・・・助けて・・・・・うう。
汗か涙か分かんないけど・・・・俺の顔、なんか・・・・・びっしょびしょ。
なんか、世界が歪んで見えてきた・・・・・
ぬいぐるみも、なんか笑ってるように見えてきたし・・・・・・。

  
 

突然、笑い声が聞こえる。

  
パンダ子

見えてるんじゃ、ないよー。

ウサ子

思いっきり、笑ってるよー。

  
 

ピョコピョコと動きまわる音。

  

はは・・・・なんか・・・飲み過ぎたかなあ・・・・
それとも、風邪ひいたのかなあ。

パンダ子

大丈夫・・・・・至って、正常。

ウサ子

至って、健康。

じゃあ・・・・・夢だ、これ。
めちゃめちゃ長くて悪い夢、見てるんだ・・・・・・きっと。
ちょっと、ほっぺた・・・・つねって・・・・・目を覚ますし、絶対。

  
 

ぬいぐるみ達、つねってみようとするが、
当然ぬいぐるみなので指がない。
ピョコピョコ。

  

くすぐったい・・・・すっごく、くすぐったい!

パンダ子

あたしたち、ぬいぐるみだから、つねれない!

ウサ子

ガーン!!

2人

あ!!たのもー!たのもー!!

  
 

キラキラとした音とともに天使がやってくる。
思わず見とれてしまう俺。

  

・・・・・・君は?

天使

(にっこりと)私、天使よ。

ですよねえ・・・・こんなキレイな子だったら夢から醒めなくてもいいかなー。

天使

夢、じゃないわよ。

ほんと?・・・・・
じゃあ、ほっぺた・・・・キュッってつねってくれない・・・・ふふ。

天使

うふふ、ちょっとだけよ。

  
 

天使、思い切り俺の顔を殴りつける。

  

ギャッ・・・・・・何これ、すっごく痛い!

パンダ子

お見事です!

ウサ子

見事です!

天使

どう、しびれたでしょう?

2人

しびれましたー!!

何この人・・・・・・超、可愛いのに、超こわい!?

天使

助けてって言ったから来てやったのに、うっとおしいわね。

えっ・・・・・・助けてって・・・・・・?

天使

あんたが、神様ヘルプとか抜かしたんでしょ・・・・。
そうじゃなかったら、チープなツリーとかチカチカした、こーんなシミッタレた部屋にどうして私が来なきゃなんねーのって感じよ、分かってんの?

す・・・・・すみません。

天使

いちいち傷ついてんじゃないわよ・・・・・
今日、あたしだってホントは有休とってガブリエルとデートだったのに・・・・・あんたが泣くから、休日出勤になったんだからね!!

ご・・・・・ごめんなさい。

天使

で、何をどうして欲しいの?

あ・・・・あの・・・・・今日、約束してたのに・・・・彼女、来なくって。
電話も出ないし・・・・・・どうしていいか分かんなくって・・・・・。

天使

あきらめな。

パンダ子

そうだ!

ウサ子

そうだー!

ええっ・・・・・そんな・・・・・・なんで!?

天使

ふられたの、あんた。

2人

ガガーン!!

そ・・・・・そんなあ・・・・・。

天使

とりあえず、今日は飲んで飲まれて飲んで、
泣くだけ泣いて泣きつかれて眠るまで飲んで・・・・・・・明日っから・・・・
正月、年越し出来るような誰か探せばいーじゃん。

パンダ子

お餅とか-。

ウサ子

おそば、とかー。

天使

じゃ、そういうことで。

ま、待って!?

  
 

キラキラと翔んでいきそうな天使の足を掴む俺。
勢い良く、こける天使。

  
天使

いててて・・・・・・もう何すんの!?

嫌です・・・・・そんなの!

天使

はあ・・・・・往生際、悪いね。

今日のために・・・・頑張ったんです。
掃除、苦手だけど・・・・・キレイにしてクリスマスツリー飾ったのに・・・・・・・。

天使

そんな努力誰でも出来るって。

2人

できるー。

うっ・・・貧乏だけど・・・・貧乏なりにバイトして頑張って貯めて・・・・・・。
プ、プレゼントだって用意したんです!

天使

その程度?

2人

そーそー!

だから・・・・・あの・・・・・少しでも、かっこよく見えるようにオシャレして髪も染めたし・・・・・。

天使

で?

2人

でー?

で・・・・・・あの・・・・・頑張ってギターでアルペジオ練習しちゃったりしたし。

天使

はあ・・・・アルペジオ?
まさか・・・・・「禁じられた遊び」とかじゃないでしょーねー。

え・・・・・・何で分かるの!?

天使

・・・・・ジョーダンだったのに。

2人

・・・・・うわあ。

天使

よりによって・・・・・・何でそれ?

基本だって・・・・・・ギター入門書に・・・・・・。

  
 

俺、弾いてみせる。

  
天使

もういい!暗い・・・・・・暗すぎ!?

あはは・・・・です・・・・・よね?

天使

わかってんじゃん。

2人

じゃん!

そうだけど・・・・そうかもしれないけど・・・・。
彼女に喜んでほしくって、彼女が可愛いって言ってたぬいぐるみも
買ってきたのに・・・・・なのに、ぬいぐるみは俺を笑うし、
天使は乱暴だし、諦めろって言うし・・・・こんなのってないですよ!?

天使

ちっ・・・・・知るかよ。

2人

かよー。

どうすればいいんですか・・・・・・俺。

天使

もう、いっそのことラッキーだって思いなよ。

2人

なよー。

え・・・・・・?

天使

発想の転換ってやつ・・・・・約束したのに来ないし、電話も出ない。
そんな約束踏み倒すし、シカトかますクソビッチと別れられてラッキーだって・・・・そう思いなよ。

2人

そうそう!!

・・・・・・・・・・・・。

天使

じゃあね・・・・。

待ってよ!?

天使

何!?

俺・・・・・確かにカッコ悪いし、貧乏だし・・・・・・
ギターの選曲も間違ってますけど・・・・・
でも、俺の好きな人は間違ってなんかないです!?

天使

はあ?

だって・・・・・・・好きな人・・・・・だから。
例え・・・・・・本当に・・・・・そうだったとしても、
好きなすっごく好きな人のこと、バカにされたり・・・・・・
悪く言われたくないじゃないですか!?
あんただって・・・・・好きな人、いるんでしょ?
その人のこと・・・・・そんな風に言われたら・・・・・・
きっと、俺と同じ気持ちになりますよ・・・・・・・絶対。

天使

こんな目にあってんのにさ・・・・・バカみたい・・・・・
本当カッコ悪い男だね、あんた・・・・・。

はい・・・・・・・・カッコ悪いですよねえ・・・・・ホント。

天使

好きなんだね・・・・・彼女のこと。

はい・・・・・・好きです。
何の取り柄もない俺なのに・・・・・
頑張ってる姿がカッコイイって初めて言ってくれた人なんです・・・・・・・
だから・・・・・だから・・・・・。

天使

もう、分かった・・・・・・・分かったから・・・・・・・泣かないでよ。

すみません・・・・・・。

天使

さっきは・・・・・・ごめん。

え?

天使

言い過ぎた・・・・・・・だから、あんたにプレゼントをあげる。

プレゼント・・・・・・?

天使

そう・・・・・とっておきのクリスマスプレゼント。

  
 

キラキラとした効果音。

  

ハックション・・・・・・・寒っ・・・・・・あれ、夢・・・・・・?

  
 

ガチャリとドアを開く音。

  
彼女

ごめんなさーい!遅くなっちゃって!

え・・・・・・・え!?

彼女

本当・・・・・・ごめんなさい。
頑張ってケーキ作りに挑戦したんだけど・・・・・失敗続きで。
おまけに・・・・・携帯壊れちゃって・・・・・連絡できなくてごめんなさい。

いいよ・・・・・・そんなの全然いいよ・・・・・ほんと良かった、ありがとう・・・・。

彼女

ど・・・・・どうしたの・・・・・・泣かないでよ。

ご・・・・・ごめん・・・・・大丈夫・・・・・・ははは。

彼女

変なの・・・・・・わあ、これ・・・・・この間、可愛いって言ってたぬいぐるみ!

う・・・・・うん・・・・・。

彼女

覚えててくれたんだ・・・・・・ツリーまで飾ってる、キレイ!
あれ・・・・・・天使。

・・・・・・・天使?

彼女

ツリーの飾りの天使・・・・・・落ちちゃってる。
あ、男の子の天使もいる・・・・・・隣に飾ってあげなくちゃ・・・・・出来た。

ありがとう・・・・・・お互いデート出来るね。

彼女

え・・・・・・何?

ううん・・・・・何でもない。

彼女

変なの・・・・・・メリークリスマス。

メリークリスマス。

  
 

俺と彼女が思わず笑うと、それにつられるような、
天使とぬいぐるみたちの笑い声が聞こえてくる。

  
  
  
終わり