4SEASONS

コレクト 六甲・摩耶~tek tec

コレクト 六甲・摩耶~tek tec

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    六甲山ビジターセンターで行われる

    六甲山を“スマホで”クローズアップしよう!

    についてリサーチ

    六甲山観光株式会社 六甲ケーブル助役の

    豊島 昇さんにお話を伺いました!

     

    このイベントでは自然豊かな六甲山で、

    季節を彩る花や飛びかう野鳥、森の小さな生きものから雨のしずくに至るまで、クローズアップ(接写)します。

    そうすることで新たな発見ができるそうです✨

     

     

    撮影タイムでは、参加者はスマートフォンかカメラ付き携帯電話を使用して撮影をします。

    当日はクリップでスマホに装着する「マクロレンズ」が人数分用意されているので、

    いつもとは違って見える世界を撮影できますよ!

     

    開催日時:2月29日(土)午前10時30分〜お昼12時20分まで 。

    集合場所:六甲山ビジターセンター(六甲山記念碑台)

    参加費:無料。六甲山ビジターセンターまでの交通費は自己負担となります。

    持ち物:スマートフォン、もしくはカメラ付き携帯電話が必要です。

    募集人数:20人(申込み先着順)

    申込み:FAX・ハガキ・Eメールで申込み

    申込み期限:2月14日(金)必着。

    問合せ・申込み先: 兵庫県神戸県民センター県民交流室 六甲山クローズアップ係 まで。

     

    そして、六甲山ビジターセンターでは、「ドローンが見た六甲山の冬」という展示を開催中です。

    年に数回しか見られない六甲山の雪をまとった冬景色、

    2019年2月の積雪をドローンで撮影した写真や映像で紹介。鳥の目で六甲山の冬を楽しめます。

    開催期間:3月1日(日)まで。

    開館時間:午前10時から午後3時まで。毎週月曜日休館となっています。

    入場無料です。

     

    詳しいイベントの情報は

    六甲山ビジターセンターのホームページを御覧ください

     

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    六甲山スノーパークで行われる

    春のイベントについてリサーチ

     

    六甲山観光株式会社 観光事業部 熊川幸佑さんにお話を伺いました。

     

     

    4月から11月までは「六甲山カンツリーハウス」として営業、

    11月中旬から3月末までは「六甲山スノーパーク」として営業しています。

     

    人工雪を使用しているので、暖冬と言われている今年も

    大勢の人がスキーとスノーボードを楽しんでいます!

     

    そして、そんな六甲山スノーパークを更に楽しむイベントが予定されていますよ

    1つ目は、「親子で挑戦!そり競争」です。

     

     

    これは親子で参加するソリ競争というもので、

    お子さまを乗せたソリをお父さん・お母さんに引っ張ってもらい、順位を競います。

    トーナメントに勝ち残った方には素敵なプレゼントがあるそうですよ!

     

    そして、2つ目は、Instagramを使ったフォトコンテスト

    第一回「六甲山ゆきだるまコンテスト」です。

     

     

    参加方法は、

    ①六甲山スノーパークのアカウント「@rokkosan_snow_park」をフォロー。

    ②雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」で雪だるまの写真を撮影。

    ③投稿に「#六甲山ゆきだるまコンテスト」のハッシュタグを付ける。

    ④投稿期間終了後、スタッフによる審査を実施。

     

    優秀者にはプレゼントもあるそうです!

    雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」では、

    「雪だるま製造器」を無料で貸し出しをおこなっているので、

    簡単に雪だるまを作ることができますよ!

     

     

    イベントの詳しい日時や情報は六甲山スノーパークのHPをご確認ください。

    車で神戸・三宮からおよそ35分、大阪市内からおよそ60分のアクセスです。

    ぜひお出かけくださいね

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    現在運行中の「六甲山から観る神戸夜景 Night View Tour」と

    神戸夜景インスタフォトコンテスト」についてリサーチ

     

    一般社団法人 神戸観光局 観光部 松井雄一さんにお話を伺いました

     

     

    神戸は夜景、まちの中でのライトアップやイルミネーション等が観光客にとって大きな魅力となっていますね。

    この夜景を広く知ってもらうと同時に、観光客の利便性確保のため、

    夜景鑑賞スポットを巡る「夜景バス」を運行しています。

     

    それが『六甲山から観る神戸夜景 Night View Tour』で、

    六甲山上の「六甲ガーデンテラス」が夜景観賞目的地となっています。

     

     

    寒い季節は空気が澄んで、絶好の夜景観賞シーズンですね

    バスでお手軽に夜景スポットに訪れることができるツアーなので、

    ぜひこの機会に神戸の夜景観光を楽しんでくださいね!

     

    運行は、2020年3月まで、毎週金・土曜日運行しています。

    料金:お一人様 大人2,000円 小人1,000円(予約制)

    ワンドリンクサービス付き

    運行時間:午後5時発 午後7時50分ごろ到着予定

    運行区間:三宮駅→六甲ガーデンテラス(夜景観賞、ほか見どころたくさん)→三宮駅

    申込み:電話かインターネット(前日の午後3時まで)

    また、当日「神姫バス三宮バスターミナル」窓口でチケットをお買い求めいただけます。

    コールセンター:0570-0570-11

    ホームページ:www.tabitabi-hyogo.jp(ひょうごのバス旅 たびたび兵庫)

     

    そして、2020年2月16日(日)までの募集期間で、

    神戸市がSNSのInstagramを使ったフォトコンテスト

    「神戸夜景インスタフォトコンテスト」が実施中です!

     

     

    募集テーマ:「わたしが好きな神戸の夜景」

    参加方法:① 神戸市広報課の公式アカウント「@my.sweet.kobe」をフォロー

    ②    神戸市内で「夜景」の写真を撮影。

    ③    投稿に「#神戸夜景が綺麗ですね」のハッシュタグを付けてください。

    賞品:最優秀賞1名、入選・各賞およそ20名。市内のさまざまな施設の入場券。

     

    「1,000万ドルの夜景」とも言われている神戸の夜景を観に、

    ぜひ足をお運びくださいね

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    「布引の滝」の雄滝を真正面に見られる場所にあるお茶屋さん

    「おんたき茶屋」についてや、

    1月30日に行う六甲山大学についてリサーチ

     

    おんたき茶屋 店主 山口公子 さん にお話を伺いました

     

    「おんたき茶屋」は新幹線の「新神戸駅」から歩いて20分程度の場所にあるお茶屋

    休憩やお食事ができるスポットして、ハイカーの方は勿論、老若男女のファンが集う場所なんです

    また2020年で106年を迎える、神戸の茶屋でも古くから営業する老舗のひとつ。

     

    現在4代目の店主である山口さん手作りの料理が本当に美味しいんです

    人気メニューは具だくさん過ぎて豆腐が見えないくらいの「湯豆腐」や糀を使った本格的な「甘酒」、少し甘めのしょうゆ味「布引ラーメン」などなど!

     

    そして、山口さんは六甲山大学「ミントサロン」で公演をされるそう

    おんたき茶屋を存続していく大変さの中、自然の恐れや寛大さ、四季折々の素晴らしさ、人と関わる喜び、茶屋の重要性などをお話ししてくださるそうですよ

    テーマ:「歴史ある布引の滝と共に営む茶屋の役目」

    日時:1月30日(木)講演19:00〜20:00(18:30開場) 懇親会20:00〜20:30・

    料金:500円

    定員:50人 ※先着順

    お申込みは六甲山大学ウェブサイトの「ミントサロン」のページ(http://653daigaku.com/faculty/11179/)から

     

    歴史ある「布引の滝」の真正面にある「おんたき茶屋」ぜひ足を運んでみてくださいね

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    「マヤカツ」の「森のようちえんフリーダム!」をリサーチ

     

    「森のようちえんフリーダム!」主宰の角田雅代さんにお話を伺いました

     

    「森のようちえんフリーダム!」は 自然体験活動を通して、五感をフルに活性化させたり、たくさんの「楽しい!大好き!」を発見したり、シェアしたりする場所

     

     

    主宰の角田さんと参加者さん全員が、自然体験活動を通して、教えるよりも分かち合うことを大切に活動されています

     

    マヤカツ「森のようちえんフリーダム」

    次回の開催は、2月2日(日)午前10時30分から午後2時30分ごろまで

    2月のテーマは「凧作りをして凧揚げをしよう〜みんなでマシュマロをあぶって食べよう」

    集合場所:まやビューライン 摩耶ロープウェー虹の駅駅舎

    持ち物:お弁当、水筒、敷物

    服装:暖かくて動きやすい服装、帽子、手袋

    参加費:大人も子どももひとり1,000円(3人目〜半額/保険加入あり)

    申込締切日:1月25日(土) ※インターネット「マヤカツ」から申込みをお願い致します。

     

     

    詳しくはこちらをご覧ください

    https://coubic.com/mayasan/319957

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    六甲オルゴールミュージアムで開催の新収蔵記念特別展「からくり人形〜西洋と日本」をリサーチ

     

    六甲オルゴールミュージアム 大松ゆみさん にお話を伺いました

    「六甲オルゴールミュージアム」は六甲山上で自動演奏楽器をコレクションしている博物館

    主に19世紀後半から20世紀初頭にかけて製作されたヨーロッパやアメリカのさまざまなシリンダーディスク・オルゴール、世界最大級のダンス・オルガンを含む自動演奏楽器、オートマタ(自動人形)などを展示されています

    建物やスタッフのユニフォーム、カフェのメニューなど、ドイツの雰囲気で統一されているんですよ

     

     

    そこで今日ご紹介するのは、

    新収蔵記念特別展「からくり人形〜西洋と日本」

    この特別展は日本で独自に発展した「江戸からくり」と、19世紀後半にヨーロッパで盛んに制作された「自動人形(オートマタ)」を比較する形で展示されています。

    「江戸からくり」では井原西鶴が俳句に詠んだ「茶運人形」や田中久重の「弓曳童子」に代表される「座敷からくり」などを展示。座敷からくりは、人の手を離れて動くからくりで、主に江戸時代の大名や豪商などの宴席で楽しまれていたもの

     

     

    新収蔵記念特別展「からくり人形〜西洋と日本」

    開催期間:2020年1月6日(月)から3月1日(日)まで

    ※休館日:期間中木曜日

    また、スタッフの方の解説を聞きながら、からくりの実際の動きを見ることが出来るんです!

    実演時間:10:15〜16:15の間、毎時15分頃~1日7回、各回およそ15分間

     

    そして!関連イベントとして、

    特別展関連イベント「九代玉屋庄兵衛 江戸からくり実演&講演会」を開催

    1月12日(日)午後11時20分~、午後1時20分~、午後3時20分~ 各回およそ30分間

    今回収蔵された作品を手掛けた九代玉屋庄兵衛さんが江戸時代から続く「玉屋庄兵衛」の伝統や江戸からくりについての貴重なお話と共に、 制作者ご本人が江戸からくりを実演してくださいます

     

    尾張名古屋で地元の祭りに出場するからくり人形の制作や修理に代々関わる職人さんで、「現代の名工」(卓越した技能者表彰)として厚生労働大臣より表彰されています。

    そんな職人さんのお話を聞ける貴重なチャンスですので、ぜひ足を運んでみてくださいね!入館料のみで参加できますよ

     

     

    嬉しいお知らせも!

    1月6日(月)から3月1日(日)まで、「ドリンク券付き入館券」を実施

    当日入館券を購入いただくと、館内2階の「シュトラウス・カフェ」で、入館当日のみ利用可能なドリンク券をプレゼントしてくださいます

    ミュージアムコンサートをお持ちいただくまでの時間などに、ゆっくり過ごして頂けます

    ぜひチェックしてみてくださいね

    詳しくはこちらから

    https://www.rokkosan.com/museum/

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    まやビューラインの「元旦 初日の出特別運行」についてリサーチしました

     

    一般財団法人 神戸すまいまちづくり公社 施設整備部 都市整備課 ロープウェー経営係長 平岡信義さんにお話を伺いました

     

     

    「まやビューライン」とは神戸市灘区の市街地と摩耶山山上を結ぶ山上交通

     

     

    元日の初日の出に間に合うように、摩耶山の山上交通では早朝特別運転を実施されます

    また、山上では振る舞いがあるそう

    摩耶山天上寺ではあめ湯の振る舞い(初詣/新年祈祷で6:00開門)、

    オテル・ド・摩耶ではホットワインの振る舞いが行われます

    どちらも摩耶ロープウェー星の駅から徒歩およそ10〜15分程度ですので、ぜひ足を運んでみて下さいね

    また、お隣の六甲ケーブルは特別運行、TENRAN CAFEも特別営業されるそうですよ!

     

    ◆ 1月1日の特別ダイヤはこちら

    摩耶ケーブル:始発6:00 摩耶ロープウェー:始発6:10 (終発:17:30)

    往復料金:大人1,560円 小人780円

    ※当日は大変混み合います。ロープウェーの輸送能力に限界があるので、日の出時刻に間に合わないお客様も多数出ますので、ご理解ください。

     

    特別ダイヤに合わせて市バス増便「日の出バス」も決定しています

    まやビューラインに乗車する方向けの神戸市バス18系統(および六甲ケーブルに乗車する方向け神戸市バス16系統)が増便される予定です!

     

    そして「六甲有馬ロープウェー」のゴンドラのデザインも発表されました!

    現在の二代目ゴンドラ「こぶし号・もみじ号」は、老朽化に伴い引退することになっています。

    それに合わせて1月6日(月)から13日(月)は子ども料金を無料で運行!

    大人1名につき、子ども(12歳未満)4名まで無料とのことですよ~

     

    新しいデザインは展望シートを谷側に一段低いステップに配置していて、このデザインは日本初導入なんです!

    大きく広がるガラス面から、六甲山の自然を雄大に、よりスリリングに感じていただけますよ

    新しいゴンドラは3月20日(金・祝)にデビューですのでお楽しみにお待ちくださいね

     

    元旦 初の出は是非摩耶山で

    お出かけされる方は防寒対策をしっかりとして楽しんでくださいね

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    「市章山 初日の出ラン」についてリサーチ

     

     

    ランニングステーション「ランスタ神戸」の永瀬良輔さんにお話を伺いました

    ランスタ神戸では毎年恒例で「初日の出ラン」を実施されているそう

     

    2020年の元日は初めて、「市章山」で初日の出を見るコースで開催されます

    市章山というと、神戸市章をかたどった電飾がある山でお馴染み

    そんな山で初日の出を拝むものも素敵ですよね

     

    参加希望の人は、ランスタ神戸のウェブサイト・お問合せフォームから予約してください

    https://run-sta.heteml.jp/runners/2019/12/03/%e5%88%9d%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%87%ba%e3%83%a9%e3%83%b3%ef%bc%81%ef%bc%81-4/

    当日は荷物預け・着替え希望の方は6:00にランスタ神戸事務所に、

    荷物預け・着替えが必要ない方は、6:30に諏訪神社下に集合とのことです!

     

    ランニング終了後には、ランスタ神戸事務所でふるまい酒とお餅をご用意してくださるそうですよ

    参加費:会員無料、ビジター300円

     

    また、 諏訪神社では、すわやまの会主催のカウントダウンイベントが開催されています

    そちらもぜひチェックしてみてくださいね

     

    今朝は「市章山 初日の出ラン」をご紹介しました!ぜひチェックしてみて下さいね

     

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    現在募集中!

    「六甲山・摩耶山ショートストーリーコンテスト」についてリサーチ

     

    六甲摩耶観光推進協議会の山川佳乃さんにお話を伺いました

     

    「六甲山・摩耶山ショートストーリーコンテスト」は六甲山・摩耶山をより多くの方々に知って、観光や旅行のきっかけにしていただくことを目的として開催されています

    大賞作品には賞金10万円や六甲山・摩耶山三山上施設の施設利用券が贈られるほか、令和2年度の観光PRに採用されるそうですよ

    「六甲山・摩耶山ショートストーリーコンテスト」

    「六甲山・摩耶山」を舞台にしたものなら、テーマは自由

    4,000字以内(原稿用紙10枚まで)の文章で、応募者自身が執筆した日本語の未発表作品であれば、

    誰でも応募できます!複数の応募も大丈夫です

    応募資格:年齢、性別、職業、国籍、プロ・アマは問いません。

    受付期間:2019年11月1日〜2019年12月27日(金)(必着)

    応募方法:メールか郵送での応募の2種類からお選びください。

    詳しくはこちらをご覧ください

    https://www.feel-kobe.jp/event/detail.php?id=VAubOTM46lc2s8Ub

     

     

    今年2019年は、六甲山・摩耶山ではいろいろなイベントがありました!

    「フォレストアドベンチャー・神戸六甲山」のオープンや、「COOL JAPAN AWARD 2019」での「摩耶山の夜景」National Park部門で受賞、7月には「六甲山サイレンスリゾート」オープン、「六甲オルゴールミュージアム」開館25周年など盛り沢山の1年でした

     

    六甲山・摩耶山は季節それぞれ違った顔を持っていて、いつ訪れても楽しめますよね

    そんな六甲山・摩耶山のショートストーリー、ぜひ応募してみてはいかがですか?

     

     

  • コレクト六甲・摩耶~tek tec~

    六甲スノーパークにて開催されるイベントNight Snow Golf in 六甲山についてリサーチ

     

     

    六甲山観光株式会社 観光事業部 熊川幸佑さんにお電話でお話を伺いました

     

    関西エリア最速オープン!11月16日から営業されている「六甲スノーパーク」は スキー・スノーボード・雪あそび、冬の楽しみが詰まった「雪のテーマパーク」なんです

    阪神間から一番近い立地で、初心者のゲレンデデビューや上級者の足慣らしにも最適

     

     

    ウェアはレンタルウォークインで選ぶことが出来るため、自分に合ったサイズや模様のウェアを選べるのも嬉しいポイントですよね

    金土日祝の16時〜22時はナイター営業

    幻想的な雰囲気で滑りを楽しめるほか、シーズン中はナイター限定イベントを開催予定

     

    他にも雪ゾリ・雪あそび専用のゲレンデ「スノーランド」はお子様に大人気!

    スキーやスノーボードのゲレンデが完全に別の場所となっているので、小さな子どもも安心して遊ばせることができますよ!

    また、「休憩室/授乳室/オムツ替え室」なども園内にありますのでご家族で安心してお越し頂けます

     

     

    そして!注目の雪上ゴルフイベント「Night Snow Golf in 六甲山」

    昼は「雪上パターゲーム」、夜はLEDボールを使った「雪上アプローチゲーム」を開催

     

    他にも「キャラクターコラボレーションイベント」としてかわいいキャラクターたちのグリーティングや、

    プロスノーボーダー・岡本圭司(おかもとけいじ)さん、Kiss FM KOBEサウンドクルー・藤原岬さんも登場予定

    お子様から大人、ゴルフ初心者まで誰でも参加して頂けます!豪華景品や参加賞もありますよ

     

    日時:12月21日(土)昼は午後2時から午後5時まで。夜は午後6時から午後8時まで。

    場所:六甲山スノーパーク内 雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」

    参加費:無料 (予約不要・当日受付) ※六甲山スノーパーク入園料は別途必要

    雨天中止の場合は、12月22日(日)に開催日変更

     

    お得なチケット情報もお届けします!

    ・学割をシーズン通して実施!学生証の提示で入園料金500円引きに

    ・ 「入園フリーパス+リフト乗り放題」のシーズンパス

    【Anytime Pass】大人(駐車場フリーパス付)35,200円 大人(中学生以上)25,200円 小人(3歳〜小学生)16,600円

    【Night Pass】大人(駐車場フリーパス付)25,200円 大人(中学生以上)15,200円 小人(3歳〜小学生)8,600円

    ・ 昨シーズンから始まった、六甲山スノーパーク直行バスは今年も運行!

    阪神御影・JR住吉・阪急御影を経由して、市街地から乗り換えなしでアクセスする直行バス

    期間:12月28日(土)〜3月8日(日)の土日祝および12月30日(月)、1月2日(木)、3日(金)

     

    詳しい情報は六甲山スノーパークのホームページをチェックしてくださいね

    https://www.rokkosan.com/ski/

     

     

    ご家族での冬のお出かけにぜひいかがですか??