ever green,ever fresh

Good Stuff vol.711

Good Stuff(月):映画『アイネクライネナハトムジーク』

いいものを幅広くご紹介、グッドスタッフ!

 

「読む・観る・行く・知る・聴く」などのテーマで、

暮らしに楽しみをプラスする情報をお届け!

 

今日はGood Stuff for watching!!

9/20から公開される映画『アイネクライネナハトムジーク』をピックアップしました!

 

 

 

 

スタジオには、この映画の宣伝を担当しているギャガ株式会社の金崎さんを

お迎えして『アイネクライネナハトムジーク』の魅力を教えていただきましたよ~!

 

 

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじを紹介しますと、、、

 

マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は

劇的な出会いをひたすら待っている。

 

ある日、仙台駅前で街頭アンケートを取っていると、

多くの人が立ち止まってくれない中で、

1人の女性(多部未華子)が快く応じてくれた。

 

佐藤は、親友の

「出会いなんてどうでもいい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」

という言葉を思い出す。

 

一方、佐藤と同じく「出会い」のない毎日を送っていた美奈子(貫地谷しほり)は

美容室の常連役、香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に

恋心を抱き始め・・・。

 

思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、

愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす!

 

 

 

 

 
ここからは金崎さんに聞いた映画

アイネクライネナハトムジーク』の魅力ポイントを2つ紹介!

 

 

① 普通の人々の出会い

偶然の出会い。あのときああしてたら、こうしてたらっていうのを描いている。

ヒーローとか悪者とかいるわけではなくて

生活のなかですぐとなりにいるようなキャラがでてくる。

自分自身を投影することができる作品です。

 

三浦春馬演じる『佐藤』が苗字だけなのもポイントです!

 

 

 

② 親友の一馬

織田一馬は佐藤に対してズバズバアドバイスしてくる。

佐藤は「落としたハンカチをひろってほしい恋愛」だが、

一馬は「出会いなんてどうでもいい、

後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」と佐藤に言い放つ。

 

この二人の関係にも注目です!

 

 

 

 

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』の公式サイトはこちら

 

 

今日のグッドスタッフを聞き逃した方はこちらから聞けますよ!

http://radiko.jp/share/?sid=KISSFMKOBE&t=20190909120800

 

 

 

ギャガ株式会社の金崎満里亜さん、ありがとうございました!!