ever green,ever fresh

Good Stuff vol.820

Good Stuff (火):映画を楽しむムーブメントの復活を

良いものを幅広くご紹介するGood Stuff.

 

最後に映画館で映画を見たのはいつですか?

第二次世界大戦後でも、戦後の混乱期でも

映画館がこんなに長くおやすみしていたことってないそうです。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

新作映画の公開の延期が続いて映画業界も大きなダメージを受けている今、

昔懐かしいドライブインの映画館をしよう!と動き出した会社がありました。

 

今日は映画を楽しむ時間を復活させたい!

そんなムーブメントをのぞきました。

 

//////////////////////////////////////////////////////

 

1960年代、アメリカで大ヒットした映画館の形

「ドライブインシアター」がこの状況下でうってつけ!

 

車で大きな敷地に乗り付け、前方にあるスクリーンに映し出される映画を

車の中から各自で見る、というカタチ。

 

実際に本家本元のアメリカでは大都市を離れたフロリダやテキサスですでに復活しているそう。

 

日本では「ハッチ」という会社が今実現に向けて

クラウドファンディングで資金を募って準備を進めています。

大磯ロングビーチでの上映が目標。

 

また、「アウトドアシアタージャパン」という団体も

SNSを通じて47都道府県でドライブインシアターを開催すると発表しています。

 

プライベートな空間で映画を見る、

そんなロマンティックな体験ができるなんて楽しみですね。

 

詳しくはこちら!

「ドライブインシアター2020」

 

//////////////////////////////////////////////////////

 

 

NY在住の映像作家、想田和弘さんと配給会社「東風」がタッグを組んだ

インターネット上の「仮設の映画館」。

 

想田和弘さんが監督を務める「精神0」という映画の他、

公開を控えていた新作映画たちが

もともと公開予定だったミニシアターから、

観客は好きなシアターを選び、その映画館に代金を支払い

ストリーミングで映画を観る という仕組みです。

 

料金だけで言うと、映画館に観に行くとのと変わりません。

映画館のスクリーンではなく、自宅でストリーミングで観る。

という違いだけ。

再び映画館で鑑賞できる日までの映画業界をサポートするもの。

あくまでも「仮設」なので、この事態が終息したら

「本物」の映画館へ足を運んで映画を鑑賞しましょう。

 

「ドライブインシアター」「仮設の映画館」

日常から映画文化をなくしたくない!という熱い想いが元になったムーブメントです。

 

詳しくはこちら。

「仮設の映画館」

 

//////////////////////////////////////////////////////

 

 

映画だけでなく、「ドライブインライブ」も

海外では開催されています。

車のクラクションやライトが拍手や歓声代わりになって

異次元な空間。でも一体感が生まれます。

 

 

聴き逃した方はこちらから。

http://radiko.jp/share/?t=20200512140000&sid=KISSFMKOBE