ever green,ever fresh

Good Stuff vol.822

Good Stuff (木)『「ひより食堂へようこそ」小学校にあがるまでに身に付けたいお料理の基本』

 

いいものを幅広くご紹介するグッドスタッフ。

 

 

 

今日はお子さんとキッチンに立つ時に、参考になることがたくさん載っている

お母さん、お子さんに寄り添うレシピ本

『「ひより食堂へようこそ」小学校にあがるまでに身に付けたいお料理の基本』をご紹介しました。

 

このレシピ本は、鹿児島県霧島市にある「ひより保育園」の食育活動の中から生まれた一冊です。

 

ここの保育園は、0歳の頃から食材に触れたり、

2歳児以上は包丁を実際に持って野菜を切ったりして、

人と協力する、譲り合う、自分の意見をうまく伝えること、

調理や片付けなどを通して、実際に保育園の園児が体験しています。

 

そんな「ひより保育園」から生まれたこちらのレシピ本は、

保育園の調理師や栄養士などがまとめた旬の食材のおいしい食べ方・選び方、

園児や保護者に人気のメニューのレシピを掲載した一冊です。

 

実はこの本、「料理本のアカデミー賞」と呼ばれる

「グルマン世界料理アワード2020」の「children部門」を受賞しています!

世界一に輝いた本ですがこのレシピページが現在、

休校中のお子さんのために、無料で公開されています。

 

たとえば「包丁の正しい持ち方・使い方」というページを見ていくと

食材を切るのに余計な力を使わないから、「子ども用包丁」ではなく、

よく切れる包丁を使う方がいい。と、あります。

手を切らないように、と子供用を使いがちですが、実際は

「怖いものを正しく怖がる力」、小さなケガや恐怖心を繰り返すことで、

大きなケガを未然に防ぐ力が養える…そういった料理に向き合う心構えなども書かれています。

 

実際のレシピを見てみますと、「おにぎり」「お味噌汁」「おかゆ」

「野菜サラダ」「ムニエル」「野菜炒め」など身近なお料理が21種類も紹介されています。

 

 

 

図の説明とともに、調理の進め方がシンプルに書かれているので、

お子さんが見てもとてもわかりやすいです。

 

例えば万能そぼろ、の作り方の横には、味が薄めに感じる方がいいよ、と。

 

煮詰めていると、だんだん味が濃くなるからね、など、わかりやすく理由と共に書かれています。

 

 

 

この『「ひより食堂」へようこそ 小学校にあがるまでに身に付けたいお料理の基本』

お料理の基礎となるレシピばかりなので、お子さんは勿論、

最近自炊を始めたという方、学生の皆さん、男性も、何となくで作っていたという方の

レシピの見直しにもいいかもしれません。

 

 

 

詳しくはこちらのHPへ!

https://seeds.style/yomimono/1631.html?fbclid=IwAR1UOPGSbMCIlow9-9mXfjaajlnLmxeybdJga1fld2IRUjHibHb6PD27NDk

 

聴き逃した方はこちら!

http://radiko.jp/share/?sid=KISSFMKOBE&t=20200514140000