ever green,ever fresh

Good Stuff vol.242

Good Stuff(木):Norah Jones

いいものを幅広くご紹介するグッドスタッフ

 

今日は、この季節にぴったり!

先週、アルバム「BEGIN AGAIN」を世界同時発売した

ノラ・ジョーンズをピックアップ!

 

デビューアルバムからこんなにヒットするアーティストも珍しいと思いますが

アメリカ・ニューヨーク生まれ、テキサス育ちのノラ・ジョーンズ。

 

父はシタール奏者のラヴィ・シャンカールで音楽一家の環境で生まれ

幼い頃から合唱団やピアノで彼女の音楽の才能が開花し、大学ではジャズ・ピアノを専攻。

1999年ニューヨークで音楽活動を開始して、ブルーノートと契約。

2002年『Come Away With Me』邦題「ノラ・ジョーンズ」で

アルバムデビューするんですが、なかなかこんな新人はいないですよね。

 

 

デビューアルバムリリースと共にすぐに全米ツアーを始め、

その前にはプロモーション来日で東京へ。

 

その年の9月には初来日公演を行ったんですが、7000枚のチケットが即日完売。

そのあと流れは止まらず、バンドメンバーと一緒にノラ自身初となるバンド「リトル・ウィリーズ」を結成してアルバムをリリースしています。

 

2016年のアルバム『Day Breaks』では、彼女の原点ともいえるジャズに立ち返りました。

デビューアルバム以来15年ぶりにピアノを弾き語りスタイルに戻って、

ノラ・ジョーンズをデビューから手がけたイーライ・ウルフと共同で作りあげた。

長期に渡るプロモーション、そしてアルバムをひっさげてワールドツアーを

行ったノラ・ジョーンズですがひっそりとスタジオに入り

“song of the moment”というコンセプトのもとに

何のプレッシャーもジャンルの境界線も持たずに

音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながらセッションを行いました。

それが、先週リリースとなった世界同時発売のアルバムに入ってるんです!

 

デビューして17年!

2014年には母親になり、子育てをしながらも音楽活動を続け

今回のアルバム「BEGIN AGAIN」は1stの頃とは違う声色もあったりして

今のノラ・ジョーンズを感じる1枚になっています。

 

今日は、ノラ・ジョーンズをピックアップしました!