1199話(2019年3月23日 ON AIR)

「たゆたう僕と看護婦の三ヶ月―Who am I?―」

作・嘉納みなこ
出演・大熊隆太郎
東千紗都
ピアノの曲。
気がつけば私は白い壁に囲まれていた。白い天井、白いカーテン。ここは・・・。
看護婦、カーテンを開ける。
看護婦
気がつきましたか?
ここは・・・?
看護婦
アルジェリアですよ。…嘘ですよ。ここは生駒山の麓、東大阪市にある
トランス記念病院ですよ。
東大阪・・・?うっ。私は・・・誰だ?
看護婦
鈴木さん、落ち着いて。
鈴木?私は鈴木というのですか?
看護婦
さあ・・・
さあ?
看護婦
あなたの名前がわからないので、とりあえず一番よくある名前で呼んでみたんです。
佐藤さん。
変わってるじゃないですか!
看護婦
ではあなたのお好きな名前で呼びましょうか。
・・・では、ルフィ。ルフィと呼んで下さい。
看護婦
・・・ルフィ。
やっぱりやめてください!
看護婦
どうして、ルフィ?いい名前じゃない、ルフィ。ルフィ。
ああ・・・。
ピアノ曲。
・・・私はいつからここにいるんですか?
看護婦
あれは1ヶ月前のことです。淀川のほとりに打ち上げられている男性がいたんです。
それがあなた、ルフィです。
ほかに何か私に関する手がかりは?
看護婦
残念ながら、何も・・・。
そうですか・・・。
看護婦
あ、そうだ。これ、いります?あなたが発見された時に手に握っていたメモなんですけど。
早く出してくださいよ!!
看護婦
なんか汚いから捨てようと思ってたんですけど。
なんて女だ!(メモを開ける) 「しょう・・・ 忘れない」
看護婦
しょう、の後の文字が一文字だけ汚れて見えないですね。
(はっとして)しょうこだ。
看護婦
しょうこ?
しょうことは誰だ・・・?僕の妻か、恋人か・・・?
(頭を押さえて)うっ・・・!頭が・・・!
看護婦
今日はもうお休みになって。
その後、私は自分が誰なのか調べてもらうよう、興信所に依頼した。
そして徐々にしょうこの事を思い出していた。顔なんかは全然思い出せないのだが・・・。
彼女はいつも台所にいて・・・しょうこがいないと物足りないんだ。
しょうこがいないと何を食べても美味しくないんだ・・・。そして、一か月後。
看護婦
ルフィ、探偵から、調査結果がきましたよ。
見るのが怖い・・・読んでくれませんか。
看護婦
「調査結果。名前、現住所などは調査するも不明。」
そうですか・・・。
看護婦
「しかし、父親の名前はヒロシであることは分かった。」
そこはわかって、なぜ僕の名前がわからないんだ!
看護婦
「性癖はMであるが、Sだと誤解しており、大学時代のコンパでは
自分はドSだと吹聴していた。」
だからなぜそれはわかる!
看護婦
「今まで付き合った人数を聞かれると、いつも三人くらい水増しして答える
クセがある。」最低ですね。
多い方がかっこいいじゃないか・・・!
看護婦
以上。
ちくしょう、結局私はだれなんだ・・・!!
ラジオの音が聞こえてくる。
ラジオ
「次のニュースです。ユニバーサルスタジオジャパンのワンピースのショーで、
ルフィの役をやっていた、淀川区在住の桂良三郎さんは、以前行方不明です。
桂さんは一人暮らしの男性で、行方不明になる直前、同僚に、
「今、醤油を切らしてるんだ。帰りに買わないと。」と話していたそうです」
二人
・・・。
看護婦
ルフィ・・・。
男、メモを出す。
「しょう・・・、わすれない」
二人
醤油、忘れない。
ピアノ曲が響く。
終わり。