1200話(2019年3月30日 ON AIR)

「おふとんミュージカル。」

作・たみお
出演・坂本隆太朗
のたにかな子
時計が小さくなっている。
真夜中である。彼女は最近一人暮らしを始めた会社員である。 
彼女
夜中の三時。眠れなくて目が覚めた。いつもの事である。
私はジョニーにくるまる。柔らかくて暖かい。中身は フェザーのお布団ジョニー。
ねえ、ジョニー聞いて。
おふとんが喋りはじめる。
低くて深くて潰れた声。とてもいい声である。
ジョニー
Oh 眠れないのかい。小鼠ちゃん。かわいそうに。
彼女
また上司にいやな事言われちゃった。
ジョニー
OH god,,,好きなことを言わせておけよ。
彼女
でもジョニー。あいつったら、あたしのことバカにするのよ。
ジョニー
my sweety honey どんなふうにバカにするんだい。
彼女
あのね、あたしね、パワーポイントを使うの、苦手なのね。
ジョニー
Power Point! そ、それはいったい、、、!
彼女
ジョニー知らないの? パワーポイントよ。
ジョニー
Oh honey お布団の世界にはそんなポイントはないんだよ。
なんて素敵なんだ君の暮らす世界は。つまり、君は、そこにゆけば、
パワーがもらえたり、パワーアップしたり、しちゃうんだろう?
彼女
ふふふ。何にも知らないのね。お布団ジョニー。
ジョニー
そう、僕は、
ここからおふとんは歌い始める。
ジョニー歌
なんにも知らないのさ、sweety。
僕はただ、君をくるめるお布団ジョニー。
思い出すのは、小さな頃の君。
けとばされては、なんども戻る僕。
あの頃は僕が海にも秘密基地にもなれたのに、
君はすっかり、大人になって
朝になったら、僕の知らない、世界へ。
彼女
ああ、眠たくなってきた・・・あなた相変わらず歌がうまいのね。
ジョニー
fufu..君のママには負けるよ。
彼女
パワーポイントっていうのはね・・・むにゃむにゃ・・・
ああ、でももうどうでもいいわ。そうだわ。ジョニー。
あなたがあたしのパワーポイントよ。おやすみジョニー。
ジョニー歌
Oh sleepy sweety honey . 朝までの君を、僕に任せて。
そう、僕は、お布団ジョニー。good night ….
おしまい。