1202話(2019年4月13日 ON AIR)

「よもぎ先生の日曜日。」

作・たみお
出演・東千紗都
藤井颯太郎
生徒
あ! 先生だ! おーーーい! よもぎせんせーい!
よもぎ
春! 河川敷! 風がびゅーっと吹いて、桜のはなびらが舞っている。大きく手を振りながら、
生徒が私目指して走ってくる!
生徒
はあ! はあ!
よもぎ
しまった。見つかったか。日曜日、私は教師という職から束の間離れ、近くのカフェエに
行こうとしていたのだ。春のカフェエのスイーツにはだいたいイチゴが乗っている。特に、
クリームブリュレにイチゴが乗っているのに目がない私は、待ちに待ったこの日に、
この河川敷、カフェエへの近道を歩いていたのだ。
生徒
よもぎ先生! そこ、動かないでくださいねーーー!
よもぎ
たしかに迷ったのだ。家をでるとき、自転車でいくか、歩いていくか。しかし、
漂う春の陽気に負けて、歩く事を選んでしまったのだ。
生徒
はあー、やっと追いついた!
よもぎ
くそう。自転車だったら華麗にやり過ごせたのに! しかし、見つかってしまったのだから
仕方がない。ブリュレモードからティーチャーモードにメタモルフォーゼだ。しゅっ。
生徒
先生歩くの早い!
よもぎ
やあ。奇遇ですね。3年1組の林ジャンル。
生徒
林ジャンル? わたし、少林寺弓子ですけど、
よもぎ
しまった気が抜けていた。小林、杉田、少林寺は林ジャンル、青山、山田、山内は山ジャンル。
生徒の名前をジャンル分けして覚えていたのだ。まったく日曜日のメタモルフォーゼは
やりづらい。失礼しました。少林寺さん。いったいどうしたんですか。
生徒
分からないことがあって。
よもぎ
なるほど。いよいよ貴方も受験生です。先生何でも答えますよ。
生徒
えっと
よもぎ
大丈夫です、先生の頭の中にはちゃんと教科書が入っていますからね。
いったいどの教科が分からないんですか。
生徒
えっと。。。恋が!!
よもぎ
こい?
生徒
はい!
よもぎ
少し時間をくれますか、先生、今脳内検索していますから。こいこいこい・・・
生徒
いいです! 検索しなくって! わたし、いま、先生に質問してませんから!
よもぎ
は? え、え?
生徒
毎日、わたしの通う学校で、教職をしている、よもぎ太一郎さんに聞いています!
よもぎ
なるほど。この、よもぎ太一郎に。・・・しゅゅゅゅうううう
生徒
なんの音ですか?
よもぎ
メタモルフォーゼが解ける音だ。
生徒
メタモルフォーゼ? してたんですかメタモルフォーゼ!
よもぎ
いろいろあるんだ大人には。それで恋をしてるのか。
生徒
・・・はい。同じクラスの小山田くんに。
よもぎ
ああ、山ジャンルのメガネの彼だな。
生徒
でも、、、小山田くんが何を考えてるのか分からなくて。あたし、勉強が全然すすまなくて。。。
よもぎ
林ジャンルよ。確かに小山田は、何を考えてるのか分からない。きっと何も考えていない。
彼が何を考えてるかを考えても何の答えも出てこないだろう。苦しいな。
生徒
はい。苦しいです!
よもぎ
いいか、林ジャンルよ。この、よもぎ太一郎が言えることはただ一つだ。
生徒
はい! なんだか先生のときより頼もしい!
よもぎ
クリームブリュレはイチゴを乗せているだけで、何も考えてはいない!
生徒
えっ。
よもぎ
ただ、わたしが好きなだけだ! それだけだ!
生徒
えっ。
よもぎ
では、よもぎ太一郎は今ブリュレに忙しい。さらばだ!
生徒
よもぎ、よもぎせんせーーーーい! ・・・すごい早歩き・・・ そっか、あたし、ただ、
好きなだけなんだ、、、!
よもぎ
教科書にのっていない話しをする日曜日もたまにはいいもんだ。そうしてわたしは
カフェエにたどり着き、クリームブリュレを味わった。来週も先生を頑張ろうと思う。
終わり