1231話(2019年11月2日 ON AIR)

「ほんものレンジャー」

作・たみお
出演・東千紗都
藤井颯太郎
ふたり
そんなの、ゆるさない! はーーーーー!変身!
シャーー!
ピンク
足と、腕に、ピンク色に輝く戦闘スーツが私をカバー!
ブルー
胴体、頭、足の裏、ぼくのも全て青の戦闘スーツでカバーだ!
ピンク
電圧変型式カーボンファイバースーパーナノテクノロジーαの仕業ね。
ブルー
時空に漂うCO2を原子力により空中で分解かつ再構築、
電子と電子の組み合わせを超スピードでぶつけて変えるため
大気中にイナズマが発生!
ドカーン!
ピンク
これが、わたしたちの変身!
ピンク
ピンクレンジャー!
ブルー
ブルーレンジャー!
ふたり
変身完了!
ピンク
よし、敵はもうやっつけたも当然ね。
ブルー
ああ、もう大丈夫だ。あのレベルじゃ2キック1パンチ、1ソードでドカンだ。
ピンク
ええ。見えたわ。じゃ、例のやつ進めましょう。
ブルー
ああ、進めよう!
司令官
どこにいくんだお前たち!
ブルー
司令官!
ピンク
おじいちゃん!
司令官
戦いを優先するんだ!
ピンク
おじいちゃんわかって!
戦いが終わったら、強制的にこのスーツは消えてしまう!
ブルー
俺たちレンジャーのアドレナリンと、敵の悪意レベルの上昇、
その臨界点が変身スイッチだからな。
ピンク
戦いが終わり、町に平和が訪れたら、このスーツは消えてしまう!
わたしたちの超パワーは消えちゃうの! そうしたら、あれができない。
司令官
あれ? あれとは・・いったい、何をしようっていうんだ。
ピンク
ヒーローショーに・・・出るの!
司令官
なっ、なに!
ピンク
もうすぐお昼の3時、ランラン遊園地のヒーローショーが始まる。
ブルー
司令官! 司令官の言いたいことはわかる! でも、俺たちのいいぶんも聞いてくれ!
ピンク
こないだ、休みの日に、見に行ったの。ランラン遊園地のヒーローショー。
・・・ひどかった。
ブルー
あれは、ない。
ピンク
ないわ。あれじゃ、子供達がヒーローを信じてくれない!
ブルー
世界中にたくさんのヒーローがいる。
みんな、目立たないように、日夜悪と戦ってる!
命をかけて、日々鍛錬を、見えない努力を重ねてる!
ピンク
なのに、ランラン遊園地のヒーロー役は、キックがキックになってない!
ブルー
そもそも、足が、あがってないんだ! ピンクレンジャー役なのに!
ピンク
どうしてわたしがあの子なの!
ブルー
おちつけ、ピンク。
ピンク
ほんものを、見せたいの。
ブルー
ほんものを。
ピンク
だから、ちょっと行ってきます!
司令官
ちょっとまて、 よく解ったが、いまここにいる敵はどうするんだ!
ピンク
つれていくわ、おじいちゃん!
司令官
なに!
ブルー
さあ、いこう! 
シャー・・(敵)
ブルー
心配するな。 2パンチ、1キック、1ソードで、ドカンだ。
シャー・・・
ピンク
大丈夫、ショーだから、ほんとうに入れたりしないわ。
ブルー
ああ。ともに拍手をもらって、すっきり改心しようぜ。
シャー!
ふたり
じゃ、いってきまーす!!
司令官
しっかりやるんだぞー!
おわり。