1243話(2020年1月25日 ON AIR)

「俺の付き人」

作・嘉納みなこ
出演・東千紗都
藤井颯太郎
人気音楽番組の楽屋。鬼龍院がかっこつけて緊張している。
鬼龍院
もうすぐ本番か…!ハッ!俺としたことが、緊張で手が震えてやがるぜ…!
かまいたち
鬼龍院さん、もうすぐ出番ですよ。
鬼龍院
わかっている…!この震えが静まれば、俺の歌唱力が牙を剥くだろう。
かまいたち
えっ。
鬼龍院
なんだ。
かまいたち
いうほどのことでは。
鬼龍院
いいから言え。
かまいたち
鬼龍院さん、そんなに歌唱力なくないですか。
鬼龍院
言うな!
かまいたち
そもそも歌詞もほぼほぼ聞きとれませんし。それなのに歌唱力て。
他の歌手をバカにしてるんですか。
鬼龍院
していない!みんなすごいなと思ってる。
かまいたち
そういう謙虚なところ、いいと思いますよ。
鬼龍院
かまいたち…。アイスコーヒーを買ってきてくれないか。ブラック、無糖で。
かまいたち
わかりました。
かまいたち、出ていく。
鬼龍院
ふふ…落ち着け、俺…。今日のステージでも最高のパフォーマンスを見せるぜ。
それは、自分自身に対する約束…。
かまいたち
買ってきましたよ。ほら。(投げる)
鬼龍院
サンキュー。(受け取って)あっつ!あっつ!
かまいたち
何踊ってんですか。
鬼龍院
踊ってない!これホットじゃないか!
かまいたち
ええ(YESの意)。
鬼龍院
ええじゃない!アイスコーヒーって言っただろ?
かまいたち
言いました?
鬼龍院
言ったよ!しかもこれ、ミルクティーじゃないか!!
なんでアイスコーヒーのブラック頼んで、
ホットの甘いミルクティー買ってくるの、お前は!
かまいたち
自分が飲みたかったからでしょうね。
鬼龍院
それでもマネージャーなのか!
かまいたち
あっ、スタッフさんが呼んでる。出番ですよ。
鬼龍院
ああ!
かまいたち
期待してます。
鬼龍院
後で見てろ…!
鬼龍院の出番が終わる。
鬼龍院
ふう。
かまいたち
お疲れ様でした!
鬼龍院
神がかっていた。今日の俺は…!
かまいたち
いつも通りでしたよ。さ、次の現場行きますよ。
鬼龍院
もっと自分の担当するアイドルを持ち上げられないの?お前は…。
二人、外へ出る。
鬼龍院
…ふう、街は平和だな。
かまいたち
はっ。
鬼龍院
どうした。
かまいたち
あの自販機の陰にいる子。ずっとこっち見てるんですよ。
鬼龍院
ファンだな。
かまいたち
見たことある気がする…。
鬼龍院
やあ、いつも応援ありがとう。
かまいたち
思い出した!あの人ですよね、
去年のクリスマスに鬼龍院さんがほら、街で声かけられて、二人で夜の街にほら、
いやらしい感じで消えてった人!
鬼龍院
えっ?
かまいたち
ね、そうですよね?一緒に街に消えてった人ですよね?いやらしい感じで!
鬼龍院
やめろ!人が見てるじゃないか!じゃあね、バイバーイ!
…お前ね!そういうこと言うの、ダメだよ?マネージャーとして。
かまいたち
すいません。シナプスつながったから大声出しちゃって。
鬼龍院
この愚民め…!ああ、腹が減った。
かまいたち
あの店入りましょう。予約しときました。
鬼龍院
そうなの?いつの間に?
かまいたち
今、心の中で。
鬼龍院
心の中でじゃダメだよ、お前…。
店の中。
かまいたち
どれにします?
鬼龍院
どれもうまそうだ。決められないな。
かまいたち
なるほど。(店員に)すいません!メニューに載ってるやつ、全部お願いします。
鬼龍院
ええっ!!
かまいたち
一度やってみたかった。
鬼龍院
食べきれないだろ!
かまいたち
大丈夫、持って帰りますんで。これで一か月分の食費が浮きましたよ。
鬼龍院
俺は払わないぞ!
かまいたち
困ったなあ。今千円しか持ってないんです。二人で留置所、入りますか。
鬼龍院
こんちくしょうめ!!
かまいたち
まあそう怒らないでください。僕は半年後、この世にいないのだから。
鬼龍院
えっ?
かまいたち
先日、体の調子がおかしくて病院に行ったらそう言われて…。
鬼龍院
そんな…!
かまいたち
という夢を見たんですよね。
鬼龍院
夢かよ!お前は100まで生きるよ!
かまいたち
伊集院さんもね!
鬼龍院
鬼龍院だよ!
終わり。