1246話(2020年2月15日 ON AIR)

「本命はどっちだ?!」

作・嘉納みなこ
出演・のたにかな子
藤井颯太郎
35歳OL修子の虚しいワンルームマンション。
1月30日、午後八時。修子が帰宅し、買ってきたチョコBをテレビ横の棚に置いた。
チョコA
誰だ、お前は。
チョコB
あら、先住民がいたとは、驚きだわ?
チョコA
先住民とはなんだ。この俺様に向かって。
チョコB
失敬。俺様。
チョコA
名を名乗れ!
チョコB
ふふん。銀座・パティスリーOTIHOのシャンパン生チョコ・20個入りよ。
チョコA
生チョコか…。
チョコB
そちらは?
チョコA
見ればわかるだろう。
高級チョコレートGOJIBAのバレンタインアソート・12粒入りだ。
チョコB
ほほう…。
チョコA
わかったな?本命は、俺だぜ。
チョコB
あたしが義理だとでも?
チョコA
会社で配る用かもな。
チョコB
あたしの値段を聞いても、それが言えて?
チョコA
おいくらだ。
チョコB
4800円よ。
チョコA
同じ値段だと…?
チョコB
ええっ?あたしの方が高いと思ったのに…!
チョコA
こりゃあれだ。どっちかは自分へのご褒美チョコだな。
チョコB
昨今のはやりね。
チョコA
本命チョコは、俺だ。
チョコB
どうだか。
チョコA
泣くのは、お前だぜ!
チョコB
そして、バレンタインまであと一週間と迫ったある日。
チョコA
(泣いている)
チョコB
どうしたの?
チョコA
俺は…本命じゃないのかもしれない。
チョコB
えっ?
チョコA
今日…テレビでやっていたんだ。
お前…OTIHOのチョコレートが今年のトレンドだと…。
たくさんの若い女がインタビューに答えていて…みんな彼氏にやるんだと…。
ちくしょう!
チョコB
やっぱりね。
チョコA
死んだ方がましだ!GOJIBAに生まれて、本命じゃないなんて!
チョコB
子どもね。
チョコB、たばこを吸う。
チョコA
お前、たばこを…。
チョコB
いいじゃないの。ご褒美チョコ。
男なんて、100円の板チョコと、一粒500円のチョコの
味の違いもわからない生き物よ。雑にしか食べないわ。
チョコA
確かに…。
チョコB
それに比べて、きっとご褒美チョコは大事に食べてもらえるわ。
ねえ…チョコとして、どっちが幸せかしらね…。
チョコA
そんなこと言うなよ。…お前、悪い奴じゃないんだな。
チョコB
あんたこそ、かわいいとこ、あるわ。
チョコA
よせよ。
チョコB
バカ、勘違いしないで。
チョコB
そして、バレンタイン当日。
チョコA
今日でお別れか。
チョコB
楽しかったわ。
チョコA
俺もさ。
チョコB
さよなら。
チョコA・B
…ああ!!
なんだか感動的な音楽が流れる。
チョコB
さみしいわ!どこへも行きたくないわ!
チョコA
俺もさ!今までこんなに好きになったチョコはいないよ!
チョコB
嬉しい。あなたは罪なチョコね。私の心を溶かしたわ。
チョコA
もともと君は生チョコじゃないのかい?
チョコB
もう!
チョコA
生まれ変わったらまた会おう。
チョコB
絶対よ!
音楽がやむ。
チョコA
まさか、どちらも本命チョコだったとはな。
チョコB
ええ、まさか二人に本命チョコを渡すなんて。そして両方にフラれるなんて。
チョコA
またこの部屋に戻ってくるとは思わなかった。
チョコB
でも嬉しい。また会えるなんて。
足音が聞こえてくる。修子、チョコAを手につかむ。
チョコA
えっ?ああー!!
チョコB
あんた!!
包装紙が破られる音!
チョコA
わー!
チョコB
食べられた!!どちらにしても、食べられる運命だものね!
終わり。