1251話(2020年3月21日 ON AIR)

「40才からの結婚入門~とりあえずモテよう!~」

作・嘉納みなこ
出演・藤井颯太郎
ゲスト出演・今井千香(ユリイカ百貨店・トランク企画)
かずらフミの人気セミナー会場。
妙齢(アラフォー)の女達が、かずらフミを熱いまなざしで見つめている。
かずら
みなさま、本日は当セミナーにようこそいらっしゃいました。
20代のころは、自然とモテていたのに、今はさっぱり。
そんな方、多いんじゃないでしょうか?
そこで今日は、どうしたら40才からもてるか、
そのテクニックを、みなさまにお伝えしたいと思います。
申し遅れました、わたくし、講師のかずらフミでございます。
会場からささやかな拍手。
かずら
サンキュー。では今日は、「同世代からモテる」をテーマに、
まず、ちょっとしたミニドラマをご覧いただきます。
その中にモテるヒントが隠されていますので、よくご覧くださいね。
素敵な音楽(ミニドラマBGM)。ミニドラマが始まる。
男の声
「ケイコの恋愛事件簿」。
エスカレーターの音。
ケイコ
私、安藤ケイコ、40歳。さえない毎日…。
かずら
このエスカレーターに乗っている女性が、主人公のケイコです。
私が演じているのは、ご愛敬。
ケイコ
(心の声)はっ。すてきな人。
かずら
さ、ケイコが、上から降りてくるエスカレーターに乗っている
サラリーマンをロックオンしました。
タツヤ
(心の声)なんだろう…彼女、僕を見ている…。
かずら
さあ!!二人がすれ違います見ててください!!
ケイコ
はっ!
タツヤ
はっ!
かずら
ここ!すれ違った後ケイコが振り向くと、彼も振り返っていた!!
これです!!これが成功例!!
相手も振り返ってくれば脈あり100%間違いない!!
ケイコ
(上のセリフにかぶって)待って!あの…。
目が…あいましたね。
タツヤ
ああ、すみません、ぶしつけに…
ケイコ
いえ…。あ、あんなところにドトールが。
タツヤ
よろしければ、お茶でも?
かずら
こうして、恋は始まります。
男の声
「第二章 初めてのデート」。
かずら
さ、ついにデート。
街の雑踏が聞こえている。
かずら
まず、待ち合わせの場所なんですが、
三宮や梅田などは決して選ばないようにしましょう。
なぜか。それらの場所には、若い女が多いからです。
デート前に若い女を見せるべきではない。ですので、待ち合わせは自然と、
大阪で言えば鶴橋、神戸で言えば岡場(オカバ)になります。
ここが40代デートの待ち合わせの聖地と覚えてください。
タツヤ
今日のケイコさん、とっても若々しいですね…。
かずら
岡場だからそう見える。
ケイコ
行きましょ!
電車の音。
かずら
さて、ここからは、どのような会話をすればいいのかを見ていきましょう。
ケイコ
タツヤさんはどんな音楽を聴くの?私は、チャゲアス。
タツヤ
チャゲアス、いいよね。
かずら
まずは、同世代トークです。距離がぐっと縮まりますからね。
ケイコ
ねえ、一番最初にキスしたのは、いつ?
タツヤ
えっ?そうだなあ…
かずら
お次はファーストキス・トーク。
無粋な質問に思えますが、彼に若いころを思い出してもらうためです。
もうこの年になると、若いころを思い出さずには
恋愛できない男の多いこと!ほんと手間かかりますわ。
ケイコ
ねえ、タツヤさん。私たちが小学生の時、
ハレー彗星きたの、覚えてる?
タツヤ
なつかしいね!
ケイコ
でも…。
タツヤ
ケイコさん?
ケイコ
次のハレー彗星がくるのって、2061年なんだって。
私たち…見れるかなあ?
タツヤ
ケイコさん…!!
かずら
そして最後は、「死」を匂わせるトークです。人間40、もう若くない、
だからこそ、今命のあるうちに恋すべきだと彼に知らしめる!
このトークをぜひ身につけていただきたい!今日はここまで!
来週は、風邪をひいた彼の看病をして、
プロポーズを勝ち取る方法をお伝えします。
彼にうまく風邪をひかせるところからお伝えしますので、
ぜひ、ご参加くださいね!
会場から拍手!
終わり。