1252話(2020年3月28日 ON AIR)

「おとうさんの料理教室」

作・たみお
出演・大熊隆太郎
東千紗都
ここはお料理教室。にぎやか。
先生
はい。エリンギは縦に裂きます。玉ねぎは皮を向いてくし切り。
じゃがいもは芽をとってください。それぞれひとくち大に切ります。
山川
あのー先生。
先生
あら。新しく参加された山川さん。どうなさいました?
山川
わたしの一口大きいのですが・・・
生徒たち笑う。
先生
では、食べる人のお口に合わせた大(だい)で結構ですよ。
山川
あ、そうなんですね! いっつも本に書いてあって分からなくて、
妻に怒られてまして。そうですよね。じゃ食べる人の口の大きさに合わせて。
えー、では。
ザク!
山川
これがわたしの口。
ザクザクザク
山川
これが妻の口。
ザクザクザクザク
山川
これがみよちゃんのお口、と。ははー。料理って大変ですね。
先生
ではみなさん。次いきますね! フライパンをしっかり熱したあと、油を引きます。
炒めたあと、塩胡椒で味付けしていきましょう。あ! 山川さん、
山川
はい!
先生
みよちゃんは何歳ですか。
山川
先月誕生日がきまして6歳に。
先生
その頃はコショウの刺激に弱かったりするんです。
コショウを抜いたほうが良いですね。
山川
え、でも妻は、コショウが好きなんです。ちなみに味にうるさい。
先生
なるほど。子供よう、大人ようで作るのはどうですか。
山川
それが・・わたしの仕事が奇跡的に定時で終わったとして台所まで35分。
調理して食卓まで約7分で仕上げないと、家族のお腹がなってしまうんです。
しかも!我が家のテフロン加工フライパンは一台しかない。
先生! いったいどうしたら。
先生
コショウを抜きましょう。
山川
でも妻が !
先生
コショウを抜くんです。山川さん!
山川
でも先生!
先生
山川さん、よく聞いてください。・・・しお、コショウはあとから足せます。
山川
な、なんですって・・・。
先生
山川さんは確か車のディーラーでしたね。
山川
はい! ??っさんです。
先生
ファミリーカーの場合、ベースのシートは大体、撥水シート。
汚れ防止が基準。
山川
はい! お子様がのることを想定して。
先生
料理も同じ。
基準は小さなお子様! そしてこだわる大人に対して用意されているのが、
ふたり
オプション!
先生
そうです。オプションはつまり、
ふたり
しおこしょう!
先生
そうです。つまり、スパイスはオプションです! 後出しでいける!
山川
な、なるほど! では、食卓にしおこしょうを用意すれば!
先生
お醤油もぜひ!
山川
そ・・・それでも文句を言われたら・・?
先生
きっと、理由は・・・お皿の上だけではないでしょう・・・。
山川
車に、乗ることだけが・・・目的ではないように・・・
先生
はい、では火を消してー。次は盛り付けです。
暖かさも美味しさにとって大切ですから素早く、
山川
はい! 山川、帰ります!
先生
えっ。
山川
実は、妻のお腹にもう一人いるんです。
先生
なんですって・・・。 タッパ!
教室の生徒
僕、持ってます!
先生
つめてください!
教室の生徒
うす!
先生
はい。暖かいうちに!
教室の生徒たち
おつかれさまです! おとうさん!
おわり。