1264話(2020年6月20日 ON AIR)

「恋人たちのマジックショー」

作・村上慎太郎(夕暮れ社 弱男ユニット)
出演・大熊隆太郎
東千紗都
マジックショーの帰り道の男女。
女がテクテクと歩いてくる。その後を男が追いかけて・・。
待って待って! ちょっと待って!
何? なんで怒ってるかわからんの?
・・そんな怒ること?
怒るに決まってるやんか! うちに、マジックショーのチケット代出してもろといて、
タネ全部わかって楽しめんかったって、何それ? おかしない? 
そういうのさ、自分でお金出してから文句言うべきちゃうん?
(突然、大声で)俺は、そんなん言われるためにマジックショー観にきたんちゃう!!
・・ちょ、大きい声出さんといて、恥ずかしい。
俺今、働けへんっていうてるやんか!
その間、お前が、生活の面倒見てくれるっていうたから、
俺、頑張って生きようとしてるのに・・。もうちょっと、そういうの、わかってよ!
え? うちあんたに30万貸してるんですけど・・これ以上のサポートがある?
ない。
せやな。
ごめんなさい。
応援したってるやん。
・・。
あんた元気なるかなって思って、マジックショーのチケット代出してやったやん。
・・。
行く前もファミチキも食べたいっていうし、買ってやったやん。
美味しかった。
それでうちにこれ以上、何をわかってほしいの?
俺を怒ったり、追い詰めたりせんといてほしい。
(呆れつつ)怒ったり、追い詰めたりせんかったらええねんな。
ちゃうんねん。俺がさ、怒られたり追い詰められて、変わればええけど、変わらんやん。
だって変わろうとしてないもん。変わろうとしてない人間、どんだけ追い詰めても
お互いしんどいだけやん。
・・・ごめん、やっぱ、これ以上あんたといるの無理かもしれん。
・・マジックショー、楽しかった。
いや、もう無理やし、なんか。
ほんまに楽しかった。マジックのタネひとつもわからんかった。
手、離して。痛いし。
・・。
離してって。
お金も、返すし。
いいよ。あんたのおかんにゆうし。
おかん関係ないやん。
あんたトラウマで働けへんのやろ?
去年、バイトで発注ミスって、怒られて、傷ついてるんやろ。
・・・。
そんな人から取り立てるのかわいそうやん。
でも、考えて。俺のおかんがかわいそうじゃない?
・・せやな。でも、息子が、したことやしなあ。
ちゃんと自分で返す。
働くの?
・・探す。
探すん?
うん。録音しといて。仕事探す。
別に録音せんけどさ。
働きます。
約束な。
だから無理とか言わんといて。
うちのこと幸せにしてくれるんやろ?
する。
ちょ、それは録音するわ。・・(スマホの録音開始して)ハイ、もういっかゆうて。
仕事、探します。
・・で、うちのことは?
幸せにします。
もし破ったらどうしますか?
そんなあかんかったときのことなんか考えられへんよ。
逆にあかんかったときのこと考えて、人を幸せにできる? 俺は出来ひんと思う。
・・。
だから俺は、お前を幸せにする。
・・ちゃんと働いてくれたらそれでいいよ。
・・マジックショー、楽しかった。
それでエエねん。
うん。
またいこな。
うん。ありがとう。
終わり