1298話(2021年2月13日 ON AIR)

「失恋カウントダウン」

作・福谷圭祐
出演・大熊隆太郎
東千紗都
今から三分後に、あなたをフります。
三分後に、ですか。
はい、三分後に、です。
僕は今から三分後に、あなたにフられる。
準備はいいですか。
精一杯、抵抗してもいいですか。
三分経過するまで、あなたをフることはありません。
なら、今はまだ、あなたは僕の恋人ですよね。
そうですね。
嫌なところがあったなら、直したいと思います。
はい、ぜひそうしてください。次の人が喜ぶと思います。
僕のどこが気に入りませんでしたか。
気に入らないというよりは、あなたよりもいい人と出会いました。
どういった面で、僕よりもいい人でしたか。
あなたよりも優しく、頭が良く、運動もできて、収入が高い人と出会いました。
僕は折り紙が得意です。
手先もあなたより器用です。完全な、あなたの上位互換と出会いました。
顔もかっこいいんですか。
あなたより、顔もかっこいいです。
そんな人、もともとたくさんいたじゃないですか。
だけど、そんな人で、あたしを愛してくれる人は今までいませんでした。
僕がいる。
そうですね。今まではあなたしかいませんでした。
その人に、僕がかなうところは一切ありませんか。
物事の価値には相対性があります。優しさの対義語が厳しさだとすれば、
厳しさについて、その人よりもあなたのほうが上です。
その人よりも、僕の方があなたをよく知っている。
過ごした時間が長いので、そうかもしれません。
だったら、あなたへの理解度は僕の方が上です。
理解度は上かもしれませんが、理解率はその人が上です。
あなたと過ごした一年間で、あなたがあたしについて理解したことを、
その人は数週間で理解しました。また、理解しているとあたしに伝える伝達力も、
あなたよりも上です。
僕はどうしたらいいんだ。
どうすることもできません。あなたをフることはすでに決まっています。
そんなこと、勝手に決めるなよ。
では許可をください。
許可するわけないだろう!
わかりました。
わかりましたって。
だったら、このまま付き合い続けますか。
こんな話をされて、付き合い続けられるわけないじゃないか。
どうしたいんですか。
僕はただ、あなたと、ずっと、あなたのそばにいたかった。
いたかった。今はどうですか。
今は……、もうあなたのそばにはいられない。
あと少しで、あなたをフります。
早くしてくれ。もうどうだっていいんだ。時間なんて待たなくていいから、さっさと、
なに諦めてんの。
え?
たった三分も頑張れないのかよ。
愛する女のために、最後のたった二分ぐらい、背筋伸ばして胸張って向き合いなさいよ。
僕はあなたと、別れたくない。
あたしはあなたと別れたい。
今から六分後、僕はあなたに告白する。
何言ってんの。
うるさい。僕が決めた。あなたの許可なんていらない。
だったら十二分後、あたしはあなたの告白を断る。
二十四分後、もう一度あなたに告白する。
四十八分後、あなたをビンタする。
一時間三十六分後、もう一度君に会いに行く。
二日後、警察に通報する。
一週間後、いや、何年経とうが、僕は、あなたを。
時間だわ。……さようなら。
あなたを奪ったその人の、すべてを僕は越えていく。
待ったりなんて、しないからね。
いいんだ。許可なんて、最初からいらなかったんだから。
終わり。