毎土曜日 18:00~18:55
Interviews ON!

Array
(
    [1] => Array
        (
            [others] => Array
                (
                    [0] => 799
                )

            [yokoku] => 787
        )

)
PECF-1144_Homecomings
シェア

Vol.46

2017/9/9 ON Air Homecomings

オフィシャルホームページ
http://homecomings.jp/

Interview

Homecomings~バンドと映画と海外と~

京都在住、女の子3人 + 男の子1人の4ピース・バンド「Homecomings」
海外アーティストとの共演や独自の自主企画イベントの開催など、
2012 年の結成から飛躍的に活動を展開中。

そんなバンドの魅力に今回迫りました!

男性1人+女性3人という珍しい構成。
たまたま大学のサークルで活動していた幾つかのバンドをのなかから結成された。
良い距離感のバンド「Homecomings」の魅力をたっぷりお届けします!

畳野さんと福富さん、共に石川県出身のお2人にインタビュー!

【「New Neighbors」】

Homecomingsは、バンド独自のイベントも魅力。
「New Neighbors」京都みなみ会館で開催。映画の上映とライブのイベント。
関西に好きな映画を呼んで上映したい。メンバーみんなが映画好き。
2ndアルバム「SALE OF BROKEN DREAMS」
映画のサントラのように作ったアルバムもある。
好きな映画を紹介したい。という気持ちから始まった企画。

番組企画、京都のバンドあるある? 僕川田のイメージは当たっているのか?

 

【企画「京都のミュージシャンあるある」

番組では、神戸出身のミュージシャンも多い。音楽のローカル性があるのでは?
そこで、幾つかあるあるを質問。

 

1)低血圧そう、眼鏡かけている人。細身っぽい。
大学が多いからそう感じかもしれない。
けれど、1に当てはまるのは、大阪の若手バンドの方かも。
京都は、クセが強いイメージ。個性的。自由なかんじ。

 

2)マイペースな人が多そう。
大阪は、東京への憧れが強くて、ガツガツしている。
京都は、ガツガツせずマイペースに好きなことをやる。

 

3)Barよりカフェに行ってそう
京都自体、喫茶店が多い。
バンドマンが行く本屋さんも多い。
京都はカルチャー面が豊富。カルチャーと音楽が密接に結びついている。

 

【New EP「SYMPHONY」】

映画みたいな音楽と感じた。秋のイギリスの風景のイメージ。
ここまで、情景が思い浮かぶアーティストは他になくてスゴい。

リード曲「PLAY YARD SYMPHONY」芝生がテーマ。
視覚以外の効果を感じる。

畳野さん春っぽい。最初に芝生というイメージから春。福富さんは初夏。
ストリングスが風のイメージ。
この曲は、オーストラリアの「アヴァランチーズ」というバンドの去年出た曲に影響。
全体の試みとしては、映画の音をサンプリングして使おうとした。
曲まるごとはできなかったが、曲の中に取り入れてみた。

 

【映画の影響について】

2曲目「SLACKER」同タイトルの映画をみて、そのまま曲にした。
3曲目「PAINFUL」は、映画「アメリカン・スリープオーバー」から。
深夜に溢れる感情などを表現。
1曲目「PLAY YARD SYMPHONY」の校庭の感じは、エレファントという映画から。

 

みている映画がメンバーで共通している。みんながみえている情景が一致している。
季節の空気感を曲のイメージとして捉えている。
曲づくりは、映画のストーリーや世界観、雰囲気を映像と一緒に伝えている。

 

Homecomingsと映画の密接な関係性。
それには、メンバーの共通意識に映画そのものが関係していることがわかりました。

インタビューズ・オン!

リクエスト&メッセージ

毎土曜日 18:00 ~ 18:55
毎回2組の注目新人・話題のアーティストを迎えたインタビューをお届け!関係者の肉声による㊙情報や街ブラ企画などで、ゲストの内側に迫る!!また番組クルーによる、巷を賑わすライブへの潜入取材も!?インタビューの模様はSNSでも発信!これまでにない立体的な音楽バラエティー番組が始まります!

サウンドクルー川田一輝

Soundcrew

川田一輝 かわたかずき
こんばんはー!サウンドクルーの川田一輝です。
「Interviews On!」この番組は毎週2組の厳選アーティストをゲストに招いてのインタビューはもちろん
その後のライブまでとことん追いかける熱血派・音楽番組!
インタビューの模様はON AIRと同時にtwitterでも発信!
「#インオン」でぜひ検索してくださいね!
他番組では味わえないアーティストの方々の新しい一面をお届けします!