毎土曜日 18:00~18:55
Interviews ON!

Array
(
    [1] => Array
        (
            [others] => Array
                (
                    [0] => 1300
                )

            [yokoku] => 1276
        )

)
IFGアー写_0915解禁
シェア

Vol.68

2018/1/20 ON Air Ivy to Fraudulent Game

オフィシャルホームページ
http://www.ivytofraudulentgame.com/

ーライブ情報ー
【ワンマンツアー】
2018.1.27(sat.) at 梅田CLUB QUATTRO
▲OPEN/START
17:00 / 18:00
▲Ticket
前売り.¥3,000+D
当日.¥3,500+D

Interview

Ivy to Fraudulent Gameライブ直前楽屋直撃インタビュー!

自らのバンドを一言で、「ヤバいバンド。」という、Ivy to Fraudulent Game。
メジャーデビューし、阿倍野ロックタウンで、メジャーファーストアルバム「回転する」リリースイベントの直前インタビュー!

 

ライブ直前ということで、本番前の様子を聞いてみたところ、集中している時間と。
特にVo.寺口さんは、ヨガやゴリラのまねで発声練習している。

 

閃光ライオットから5年経って。もっと早くにメジャーいくと思っていた。
実際、今までのまま変わらずにメジャーになった。
そんな、Ivy to Fraudulent Gameがリリースしたのが「回転する」

 

福島さん、高校生のときの曲と今、これまでとこれからがみれるアルバムになった。
「革命」については、3年前からギターのリフはあったが、完成したのは、アルバムのなかでいちばん最後だった。

 

歌詞キーワード「不安」
不安を消化し価値のあるものにしていくという、スタンスをもっている。
バンドとしてのテーマにも近いかもしれない。
どうでもいいことを価値のあるものにしていく、音楽の好きなところ。
ivyの特徴的なサウンドには、ドラムの福島さんが作詞作曲されている。
バンドのなかに、「福島コード進行」がもうカタチとしてある。アレンジ力の幅が広がっている。

 

群馬 高崎の街の航空写真がジャケット。地元を離れて、群馬の良さが分かった。
もう間もなくライブの時間が迫ってきたので、最後にライブへの意気込みを聞きました。
「笑いありのライブにしたい。/CDとは別の体験をもらいたい。」

 

 

ライブ後は楽屋にて、ライブの感想をお聞きしました。

アルバムと全然違っていた。変に緊張感なく、フラットなライブができていた。

 

Ivy to Fraudulent Gameは、CDとライブで違う体験ができるバンド。
今回来れなかった方は、次のワンマンツアーにぜひ来てください。

 

今、注目のバンドIvy to Fraudulent Gameにライブ直前突撃インタビューでした!

インタビューズ・オン!

リクエスト&メッセージ

毎土曜日 18:00 ~ 18:55
毎回番組が注目するアーティストを迎えて独自な切り口でのインタビューをお届け!
さらに番組推薦のアーティストのコーナーや地元イベントとのコラボレーションなど
インオンから旬な音楽TOPICを常に発信!あなたもぜひ参加してください!

サウンドクルー川田一輝

Soundcrew

川田一輝 かわたかずき
こんばんはー!サウンドクルーの川田一輝です。
「Interviews On!」この番組は今注目の厳選アーティストをゲストに招いてのインタビューはもちろん
その後のライブまでとことん追いかける熱血派・音楽番組!
インタビューの模様はON AIRと同時にtwitterでも発信!
「#インオン」でぜひ検索してくださいね!
他番組では味わえないアーティストの方々の新しい一面をお届けします!

アーティスト一覧 (放送日順)