毎週土曜 7:15~7:30
ヒマワリらじお

サウンドクルーのプロフィールへ

141回目のゲストは、兵庫県立美術館 館長 蓑 豊(みの ゆたか)さん[2月8日放送]

現在、 兵庫県立美術館で開催中の『ゴッホ展』

伊藤たかえさんも『ゴッホ展』に行かれて感動されていました。

兵庫県立美術館は、2002年に開館され、開館記念展として開催されたのが「ゴッホ展」です。

なんと34万6千人の来場者数を記録したそうで、未だにこの記録は破られていないそうです。

 

そして、今回、約18年を経て、再びここ神戸でゴッホ展を開催されています。

蓑館長から『ゴッホ展』の魅力について語っていただきました。

 

杉咲花さんが声優を務める音声ガイドを聴きながら、

糸杉の絵の素晴らしさに 泣く人が続出しているそうです。

ゴッホの作風の変化をゴッホの人生と重ね合わせて是非、鑑賞されてみてください。

 

『ゴッホ展』 (会期 2020年1月25日~3月29日)

ファン・ゴッホの画風の成立に大きな影響を与えた

同時代の2つの画家グループ、ハーグ派と印象派を取り上げ、

彼らとファン・ゴッホの関係性に焦点をあてています。

ゴッホは、27歳で画家を志し、37歳に亡くなるまでのわずか10年の間に、

ファン・ゴッホはハーグ派から絵を描くための基本的なことを学び、

印象派から明るい色遣いや奔放な筆遣いについて学び、自分の糧にしていきます。

2月8日のON AIR曲は、

ドン・マクレーンが展覧会で見たゴッホの作品からインスピレーションを得て書かれた曲

Don McLean「Vincent」

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


伊藤 たかえ

1968年1月、兵庫県尼崎市生まれ。関西大学法学部卒。
公明党参議院議員(兵庫県選出)、弁護士、税理士。趣味は山歩き、座右の銘は「誠心誠意」。
○公式サイト: http://ito-takae.com/
○伊藤たかえの公式Facebookはコチラ
○伊藤たかえの公式Twitterはコチラ


過去の放送を聴く